健康第一。

私は、今年で39歳になります。髪の毛は天然パーマで柔らかく、昔からオデコが広かったのがコンプレックスでした。家系では、祖父が禿げていました。いずれは自分も禿げてしまうであろうと諦めていたので、20歳代のころは金髪にしたり、パーマをあてたりして、髪の毛をいたわることは何もせず、年をとるごとにかっこよく禿げていこうと考えていました。

ニューモ育毛剤は悪評多数?購入して頭皮に使った効果と私の口コミ評価!

禿げてきたらスキンヘッドにして、禿げているのを隠していこうとまで考えていました。20歳代は、夜勤がある仕事に就いていたため、かなり不摂生な日々をおくっていました。夜勤明けの入浴時には、洗髪をしていると髪の毛がごそっと抜けることもありました。

30歳前に転職し、規則正しい生活を送るようになりました。以降、髪の毛の量が増えることはありませんでしたが、抜け毛が気になることがなくなりました。食生活も、野菜を中心とした生活になったためか、肥満気味だった体系も、適度に引き締まった体つきになってきました。

同時に、常にベトついていた頭皮の状態も、改善されたように思います。髪の毛が薄くなってきたと感じたり、洗髪時に抜け毛を確認していたりすると、常に禿げてしまうかもしれないと恐怖でした。それが今では、余裕を持って生活できています。健康でいること。それは、心も体も髪の毛も共通して、大事なんだと感じています。

20代の白髪事情

大学を卒業し社会人として働き始めてから徐々に白髪が増えてきた。

別にストレスが溜まっている訳でもなく食事も睡眠もしっかりととっているつもりなのだが。。

これが老化というものなのだろうか?http://www.congresoneonatologia2017.com/

何か対策があるのだろうかと思い、学生時代から白髪の多い友人に聞いてみることにした。

数年ぶりに会う彼は案の定髪の毛がほぼ白髪で、自分の悩みがとても小さい事のように感じた。

当時は白髪染めなどでカバーしていたらしいが現在は特になにもしていないらしく、とても自然な白髪だった。

堂々としているところを見るとあえて白髪にしているのかなとも思えるくらいに自然だった。

私はまだ黒髪でいたいので出来る限りケアをしたいと思います。

鏡で見てはっきりと見える白髪は自分で抜き、頭の後側や横側などの見えないところはやはり白髪染めでケアすることにした。

しかし、毎回この方法をやっていると正直面倒だし白髪染めをいくつ買ってもキリがないと思い、他に何か良い方法がないものかと今現在もネットや口コミでの調査中である。

私以外にも白髪で悩んでいる方は多いと思う。

皆さんはどういう対処法をとっているのだろうかと思う今日この頃。

是非とも良い方法があれば教えて頂きたく。

【原因はストレス!?】社会人になってから白髪が…

28歳、男です。

結論現在はストレス対策として、またビタミンの補給のため

”ビタミンB群”というサプリを飲み、

白髪を減少させることに成功しました。

http://murahtabungpemadamapi.com/

今も毛の量はたっぷりなのですが、

昔はそれに加えて紙も全て真っ黒。

それゆえに周囲からは「生粋の日本人だね!」なんて

基準がわからない言葉をかけられたこともあるほどでした。

そのため友人の若白髪をみては、

苦労してるのかなあ、冷凍食品が多いのかなあ、

などと根拠のない疑いをかけ、

私自信はどこ吹く風と全く当事者意識を持っておりませんでした。

そんな私に白い毛が訪れたのは、

遡れば始まりは社会に接するようになってからです。

大学に入りアルバイトを始めるようになってから、

なんと”鼻毛”に白い毛が一本。

とはいえ当時は見えない場所だしと全く気にせず。

その頃から早くに美容師として社会人になった友人に、

紙を切ってもらっているのですが、

相談をしたところ「髪は大丈夫だけどそれは早いね」と

違和感を感じていたようです。

そして社会人になり、超過残業はストレスにさらされながらも、

根性論ベースの私は全く気にせず仕事に励んでいました。

そして月日が流れ、社会人として3年が経過したころ、

美容師の友人から「疲れてない?ストレス溜まってるんじゃない?」と

訪ねられました。

愚痴をこぼさない私としては”顔に出てしまったのかな”と反省しましたが、

「白髪がどんどん増えているよ」と悲報を伝えられました。

すぐに頭をよぎったのは、よく言われる白髪の原因。

・遺伝:祖父は50歳で真っ白でしたので

・ストレス:働き始めてから増えた?

・食生活:野菜食べてないしなあ

どれも心当たりがあるものでした。

エネルギーの塊と自負していた私は、

疲れているように見える用紙に次第に心まで、

冒されるようになりました。

その後はストレスが原因ではないのですが、

かつてのエネルギーの絞りかす状態になった私は転職。

すると「白髪前より目立たなくなったね!」という朗報が。

確かに環境が大きく代わり、責任は以前の何倍にもなりましたが、

腹痛や頭痛を感じることが無くなったため、

想定していた要因のストレスが原因だったのか思いました。

しかし、減るものの無くなりはしない白髪。

減るということは良い流れが来ている証拠と思い、

次に心当たりにあった、

偏っていた食生活を見直すことに。

とはいえあまり時間を確保できない私は、

サプリメントで補うという手段を取りました。

結果は見事、さらに白髪が減ったとのこと!

まだゼロにはなっておりませんが、

私の場合、白髪をストレスの減少とビタミンの補給により、

なんとか以前の若々しさを取り戻しつつあります。

〈※鼻毛の白い毛はなぜか増えましたが!〉

30代から目立って来る頭髪の悩み

30代も後半になると見た目年齢に大きな差が出てきます。http://www.tabialees.com/

肌に艶がある若々しい人は20代に間違われる事もあれば、皺や肌荒れで実年齢よりかなり歳を取って見える人もいます。男性の場合、特に見た目年齢を感じさせるのはなんといっても頭髪です。私のように薄毛に悩みつつも白髪が目立つ方はどうしても老けて見えてしまいます。

毛根は死滅していき、生きている毛根も白髪しか生やさなくなってくるので絶望の未来しか見えません。でも30代は働き盛りでストレスを感じやすい年代でもあり、そのストレスが頭皮に来る方は多く、みんな同じような悩みを抱えています。

白髪が目立たないように黒染めをしたいところですが、染めても直ぐにまた生えてくるし、定期的に染めると頭皮にダメージを与えてしまい、近い将来の薄毛の原因にもなってしまいます。かといって何の手入れもしていないと白髪は増えていく一方で40代ではハゲか真っ白かの選択を迫られてしまいます。

そうなると同年代や年下からも劣等感を抱き、女性に対しても自信を失いモテない未来しか見えません。頭髪に関する悩みはミドルエイジの男性では最重要課題とも言えるでしょう。いつまでも若々しい頭髪を維持する為に我々に救いはあるのでしょうか。

白髪の悩みは尽きることがありません!

私の髪に白髪が増えるたびに、「加齢には逆らえないな」と残念に思っています。
白髪には効果なし?艶黒美人の口コミと最安値通販サイトをご紹介!

美容室で髪を染めると、何といっても料金が高いので、できるだけ行かなくてもすむように、今、まさに頑張っている最中です。

美容師さんいわく、「一か月に1cm髪が伸びるから、白髪も一か月後には目立ってしまう」とか。

森三中の黒沢さんが、「白髪が気になるので、二週間に一度の割合で染めている」とテレビ番組の中で告白していて、「さすが芸能人!」と思ったものです。

私の髪質は、美容師さんが「毛質がいい。多分80歳になってもいい髪の状態だと思います」と褒めてくださるので、真に受けて安心しています。ということは、白髪染めでダメージを受けても、それなりにいい状態を保てそうなので、希望としては、もっと頻繁に美容室に通いたいんですけどね。やっぱり、パーマとカラーでほぼ二万円を支払うのは、なかなかの勇気がいることです。

若い頃は、パーマのもちがいいので、年に二回しか美容室に行っていなかったので、それに比べると出費が増え、残念極まりないです。

それを反省してなのか、私が前回美容室に行ったのは7月中旬で、「次は12月になるまで行かないぞ」と自分なりの対策をしています。

髪の分け目を考えたり、バレッタを留める位置を研究したりして、人の目をごまかしています。

一番助かっているのは、Bigenのヘアマスカラを購入したことです。忙しい朝もささっと塗るだけで使いやすく、匂いも気にならず、重宝しています。

今後もこんな感じで、いかに白髪染めに対する出費を抑えるべきか、考えていこうと思います。