寒い日の運動する際の対策

寒い季節になると、朝布団から出るのも一苦労ですね。
ですが、冬の間ずっと家にいるわけにはいかないです。今回は冬の寒い季節の運動法を紹介します。室温と外気温の気温差が激しいので、まずは布団の中で体を曲げ伸ばしてストレッチをしましょう。

快糖茶は市販の販売店で取り扱いあり?購入して飲んだ効果と口コミ評価!

注意点は曲げ伸ばし中に二度寝することです。二度寝をすると、一日倦怠感が強く集中力も持続しません。という私もついつい二度寝をしてしまいます。
なぜ?ストレッチをするのかというと、関節が固まっている状態なので、転倒して怪我をしてしまう可能性があります。慌てずにゆっくり準備をしましょう。                                                                                                                                 防寒着を着ることで、風を通さない効果があります。体を温めて運動を行うためには、風の影響をなるべく受けないようにウォームアップジャケットなどを着用することが望ましいです。
ただし身体が温まりすぎて暑さを感じたときなどにすぐに脱ぐことができるよう、簡単に羽織れるウエアを選ぶようにしましょう。手袋やネックウォーマーなども準備し、外気温に触れない肌の範囲が大きくなると、ウォームアップで発生した温かさが持続します。寒いからといって重ね着をすると、ウォーキングなど運動をすると汗をかいてしまいます。
                                                                                                   貼るカイロを血液の循環を良くするために、太い血管がある首や腰や太ももなどに貼ると効果的です。特に私がオススメする箇所は首です。首を冷やすことで、集中力が欠如して、免疫力が低下して風邪をひくリスクが増します。対策として、ネックウォーマーで首を温めることが重要です。首を温めることで、寒さに負けないで運動することができます。
十分に体が温まったらネックウォーマーをはずしましょう。また足が冷たいと感じる人は、靴底に装着するタイプのカイロを使用すると体全体の血行が改善します。こちらも十分に身体が温まったら、メインの運動中ははずしてもよいでしょう。