バストのコンプレックスを打開する方法!?

バストってつい大きさが求められがちですよね。筆者もずっと小さいバストがコンプレックスでした。思春期の頃から、水着を着るときやみんなで同じジャージを着る体育の時間さえも憂鬱でした。高校生の頃は同年代の男性に興味があるのはバストが大きい女の子で、服をきていてもわかる見た目の良し悪しで判断されることも多かったように思います。

LUNA(ルーナ)ナチュラルアップナイトブラの育乳効果を辛口評価!

たとえ女同士でも「隣のクラスの〇〇ちゃん胸大きいよね」「何カップのブラつけてる?」などのテーマで話すことも多く、バストの大きさの話になるとついふさぎがちな思春期を送っていたなと思います。コンプレックスを隠すために自然と胸が目立たない洋服を選ぶようになり、水着を着るような場所からは遠ざかっていく日々・・。

ところがあるとき友達にこう言われました。「〇〇ちゃんってデコルテきれいだよね。」

自分ではあまり気にしていたことはなかったのですが、よくよくみてみるとデコルテラインだけは綺麗で、肌もツヤツヤしているなと自分でも改めて思ったのです。首から胸にかけてデコルテラインがはっきりでており、デコルテだけみると確かにモデルのようなラインにみえました。

その頃からデコルテがでるセーターやシャツを着る機会が増え、アクセサリーなどをつけるとさらに綺麗にみえることがわかりました。不思議なことに段々と胸の大きさは気にならなくなり、逆にデコルテのケアをしっかりしようと思うようになっていきました。化粧水はつい顔だけに塗ることで終わりにしてしまいがちですが、毎日のケアの中で顔のスキンケアと同じくデコルテもケアしてマッサージをするようにしています。デコルテは老廃物がたまるところなので、老廃物を肩にかけて流すようにマッサージをすると顔がすっきりしてくる感覚も味わえます。

このように筆者はデコルテに自信をもつことで、不思議とバストの大きさのコンプレックスがいつのまにかなくなっていたという経験をしました。皆さんもついバストについてはコンプレックスを持ってしまいがちですが、自分のほかの良いところに目を向けて過ごしてみると、日々が少し変わるかもしれません。