健康第一。

私は、今年で39歳になります。髪の毛は天然パーマで柔らかく、昔からオデコが広かったのがコンプレックスでした。家系では、祖父が禿げていました。いずれは自分も禿げてしまうであろうと諦めていたので、20歳代のころは金髪にしたり、パーマをあてたりして、髪の毛をいたわることは何もせず、年をとるごとにかっこよく禿げていこうと考えていました。

ニューモ育毛剤は悪評多数?購入して頭皮に使った効果と私の口コミ評価!

禿げてきたらスキンヘッドにして、禿げているのを隠していこうとまで考えていました。20歳代は、夜勤がある仕事に就いていたため、かなり不摂生な日々をおくっていました。夜勤明けの入浴時には、洗髪をしていると髪の毛がごそっと抜けることもありました。

30歳前に転職し、規則正しい生活を送るようになりました。以降、髪の毛の量が増えることはありませんでしたが、抜け毛が気になることがなくなりました。食生活も、野菜を中心とした生活になったためか、肥満気味だった体系も、適度に引き締まった体つきになってきました。

同時に、常にベトついていた頭皮の状態も、改善されたように思います。髪の毛が薄くなってきたと感じたり、洗髪時に抜け毛を確認していたりすると、常に禿げてしまうかもしれないと恐怖でした。それが今では、余裕を持って生活できています。健康でいること。それは、心も体も髪の毛も共通して、大事なんだと感じています。