屋外、室内、階段を見つけたら昇降トレーニング

あなたは健康のため有料ジムへ行ったり、健康器具を買ったりしていませんか?無料で器具を使わずにできるトレーニングがあります。それは階段昇降トレーニングです。駅やデパート、家の中など階段はどこでもあるので思いついたらいつでもできるのが一番の利点だと思います。

階段昇降をすると特に下半身の筋肉が鍛えられます。

http://u-lysse.org/

大腿四頭筋は大腿を前に走行し膝を伸ばす筋肉。
ハムストリングスは大腿を後ろに走行し膝を曲げる筋肉。
腸腰筋は股関節を前に走行し股関節を曲げる筋肉。

大臀筋はお尻に位置し股関節を伸ばす筋肉。
下腿三頭筋はふくらはぎの筋肉で足関節を下に曲げる筋肉。

これらの筋肉が鍛えらます。また、下肢の筋肉が効率的に働くためには体幹筋の安定が必要です。そのため腹筋群や背筋群なども働く必要があり、下肢だけではなく体幹も鍛えられる全身運動が可能となります。
下半身の筋肉は体全体の60%から70%を占めています。結果として効率良く他の筋肉も鍛えられる事ができるのです。

効果的なやり方は手すりを使ってもよいので、膝を高く持ち上げ背筋を伸ばして姿勢良く上がります。一段飛ばしもたまにやってみて下さい。足を大きく広げる動きは大腰筋に刺激を与え柔軟性が増します。筋肉運動による血液循環が体の柔軟に影響しているからです。下半身の筋肉を使うため血液循環が良くなり心臓や肺の機能も活発になります。階段昇降はジョギングと同じ有酸素運動なので、動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病の予防や改善にも繋がります。体型改善も期待できます。お尻の大臀筋を使うのでヒップアップ効果、太ももにある大腿四頭筋とふくらはぎにある下腿三頭筋を使うので脚痩せ効果があります。体の新陳代謝が良くなり、脂肪が燃え痩せやすい体作りに最適です。

こんなにもたくさんの効果がある階段昇降トレーニングですが、気を付けてほしい事がいくつかあります。
行う前に膝、足をほぐすストレッチ体操をする。
自分の体力にあった時間と段数にする。
階段を降りる時の方が普段あまり使わない筋肉を使うので無理はしない。
以上の事に気を付けて慎重に行いましょう。